勇気をだして。

喫煙(受動喫煙含む)は乳癌発症リスクを増加させるか
その1

2009年には,喫煙と乳癌の関連に関するこれまでのエビデンスに基づき,専門委員会による再評価が行われ,オンタリオタバコ研究部門の報告書として出版された。この報告書では,喫煙期間あるいはpack-years[(1日の喫煙本数×喫煙年数)/20]との関連を検討した11件のコホート研究を重視し,うち8件でリスク増加を観察していること,さらに前述のメタアナリシスにあるNAT2 slow acetylatorsにおいて喫煙によるリスク増加がみられる点を考慮して,喫煙と乳癌の間には因果関係ありと結論している。また2009年のIARCの発癌性評価においても,「発癌性を示唆する証拠はない」から「限定的な証拠あり」に格上げされた。以上より,本稿においてはオンタリオタバコ研究部門およびIARCの報告書を参照し,喫煙により乳癌発症リスクが増加することはほぼ確実と判断した。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

「無難に生きるのをやめよう!」

先日の医局会で

約60人の先生方に向けて

お伝えしたメッセージです。

静かに、目立たぬように、

みんなと同じように生きていくことは

ストレスが少ないかもしれません。

でも、大切なあなたの人生です。

自分の思うように生きて、

誰かの笑顔のために頑張って、

何かを変えていくことを目標に

毎日頑張っていきたいですよね。

誰かに縛られて生きるのはつまらない。

何かをおそれて行動しないことは後悔につながります。

ですから、

自分の正しいと思うことを

積極的に行動していきましょう。

そんな想いを込めて、

先輩方もたくさんいる医局会で

医局長の権限で発言させていただきました。

理想の病院をつくるためには

ひとりひとりのスタッフが

静かにしていてはいけません。

みんながそれぞれに工夫して

患者様、御家族様にできることを

ひとりひとりの考えも合わせながら

行動しなければいけません。

もちろんマニュアルやガイドライン、

標準的な治療を勉強し、

患者様を守らなければいけません。

ルールを守った上で、

さらにできることをじっくり考えて

ひとりひとりが行動していくことが

大切であると思っています。

高橋の「ももいろリボンプロジェクト」も

病院の業務から離れて

私のライフワークとして

おこなっていこうと決めた活動です。

ひとりでも多くの女性を

乳がんから守ることができたら

これ以上の喜びはありません。

何か少しでもご不安をお持ちのあなた。

セミナーで直接お会いして

お話をしませんか?

いよいよ9月29日 土曜日

あなたも「ももプロ」メンバーに!!

そろそろ「無難な生き方」から

卒業しちゃいましょう(*^_^*)

→→  はい。卒業する!

 
高橋のフルパワーの無料動画緊急公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

毎朝8時のメルマガもこころを込めてお届けしています。


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

 
 
高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ