激しい嵐でも負けずにね (*^_^*)

閉経後ホルモン受容体陽性乳癌の
術後内分泌療法として
アロマターゼ阻害薬は勧められるか その2

推奨グレードA
(行うよう強く勧められる)
タモキシフェンを2~3年投与後に、
アロマターゼ阻害薬に変更し、
計5年投与することが強く勧められる。

BIG 1-98は、
閉経後ホルモン受容体陽性
乳癌患者8,010人を対象とした、

レトロゾール5年、
レトロゾール2年→タモキシフェン3年、
タモキシフェン2年→レトロゾール3年、
タモキシフェン5年
の4群の二重盲検ランダム化比較試験である。

レトロゾール単独群、
タモキシフェン単独群、
タモキシフェンとレトロゾールの
おのおのの順次投与での比較解析が行われ、

観察期間の中央値71カ月で、
OS(全生存期間)に有意差は認めなかったが、
レトロゾールを含む群でDFS(無病生存期間)は
有意に改善し、
遠隔再発においても有意な改善を認めた。

以上の結果より、術後治療として、
タモキシフェンよりも
アロマターゼ阻害薬の5年投与が推奨される。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

患者様や御家族様と

突然道端でお会いすることがあります。

そんなとき、

ほとんどの場合わたくしの方から

先に気付いてお声がけいたします。

しかし中には、

「どちらさまでしたっけ?」

というお顔をされる方が

いらっしゃいます。

人の脳の中には、

たくさんの人々のイメージが

記憶されています。

そのイメージから、

少しでも違っていると

お会いしてもなかなか分からないことが

ございます。

特に、

白衣を着る職業や、

制服を着る職業は、

普段着になるとわかりにくいことが

多いですね。

私も、

仲の良いガードマンさんや、

近くの薬局の薬剤師さんや、

仲良しの歯医者さんや、

大好きなラーメン屋さんの

ねじりはちまきのお兄さんに、

私服姿でお会いすると、

少しきょとんとしてしまいます。

患者様や御家族様たちも一緒ですね。

私が白衣を着ていないと、

分からなくなってしまうのかも

しれませんね。

いつでもどこでも患者様が

見分けがつくように、

いつでも私に気軽にお声がけ

いただけるように、

スーツにネクタイに、この髪型。

もう何年も続けています。

白衣よりも、

スーツ姿の私をご存じの方は

初めてでも街中ですぐに気付かれます。

先日も、

Facebookでお友達になって

まだお会いしたことがなかった先生に

偶然の電車の駅で気付いていただきました。

ソーシャルメディアの時代は、

ネット上でお友達の人々と

ある日突然、街中ですれ違う世の中に

なっていきます。

ですから私も、

お外に出かけるときは、

いつもビシッとしているように

心がけています。

初めてお会いするあなたに、

失礼がございませんようにね(*^_^*)

あなたとは

今度いつお会い出来るのかとても楽しみです。

いつもあなたを、心より応援しています。

 
クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

★高橋保正 4月14日土曜日無料セミナー

「乳がんは痛いの?こわいの?
          さびしいの?」

400人会場の前方に特別席(限定60席)を
設けましたので
お申し込みしておいてくださいね。

ご夫婦、御家族、恋人、お友達と
どうぞ。

セミナーお申し込みは
こちらからお願いいたします。

→→https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/seminar20120414.htm

★私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ