見つけることの

できない乳がん。

それが

潜在性乳がんです。


近年、

乳房内の小病変に対する

感度が高いMRIの出現により

乳房内に病変が存在しない

潜在性乳癌を

選び出すことが

可能となってきた。

腋窩リンパ節に

乳癌の転移を認めるが

乳房内には

原発巣が発見されないものを

潜在性乳癌と呼ぶ。

局所療法として

腋窩リンパ節郭清が

必要であるが

この際に

同側乳房には

乳房切除、

乳房非切除+全乳房照射、

乳房非切除+非照射(経過観察)

3つの治療方針が

挙げられる。


見えない敵と

どう闘うか。

乳がんの治療においては

それが大事です。

乳がん手術後の

抗がん剤治療も

放射線治療も

ホルモン治療も、

見えない敵との

闘いです。

何もそこに

いないかもしれない。

でも

そこに乳がんが

いたとしたら

再発してしまう。

だからこそ

見えない敵を

徹底的に

叩いておく。

その考え方が

大切なのです。

明日も

潜在性乳がんについて

学んでいきましょうね(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan