どんな素敵な火曜日でしたか?

化学療法による悪心・嘔吐に対して
5-HT3受容体拮抗型制吐薬、
ステロイド、
アプレピタントは勧められるか その4

(3)予測性嘔吐
(化学療法施行前に
生じる嘔吐)

予測性嘔吐を予防するには,
急性嘔吐と遅延性嘔吐を
可能な限り
コントロールすることが
最重要である。

予測性嘔吐が
いったん起こった時には
2つの対処方法がある。

第1には心理学的方法により,
化学療法に対する
異常な過敏度を
行動学的に解除
することである。

第2に,
心理学的方法の
代替あるいは
追加選択肢として
ベンゾジアゼピン系薬剤
(処方例:治療前夜と当日の朝に
ロラゼパム0.5~2mgを経口投与)
を使用することが勧められる。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

乳がん検診伝道師の
外科医 高橋保正です。

色々な趣味を
お持ちの患者様が
いらっしゃいます。

山登り、

旅行、

ディズニー、

読書、

ダンス、

食べ歩き!

などなど。

皆様、
人生を楽しんでるね!
っていう感じです。

読書が趣味の皆様も
やはりとても多いですね。

毎回、
今お読みになっている本を
私にご紹介くださる患者様も
いらっしゃいます。

自分が普段絶対に読まない、
あるいは
選ばない種類の本を
ご紹介いただくことって
私の大きな喜びです。

本を通じて
皆様とこころが通じるのも
とても幸せを感じます。

あなたは
どんな本が好きですか。

私もこれからも
自分のお気に入りの本を
皆様にお伝えいたしますね。

いつもご訪問いただいている
あなたを心より応援しています。

 
クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

★私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ