水曜日、一週間の折り返し地点ですね!

化学療法による悪心・嘔吐に対して
5-HT3受容体拮抗型制吐薬、
ステロイド、
アプレピタントは勧められるか その5

(4)他の制吐薬の使い方

日常臨床で制吐薬として
頻用されている
メトクロプラミド,
フェノチアジンなどは,

化学療法による
嘔吐に対しては
単独で投与すべきでなく,

デキサメタゾンや
5-HT3受容体拮抗型制吐薬に
併用して用いるのが
適切と考えられる。

また,
ベンゾジアゼピン系薬剤は
単独で用いられることはなく,

上記のごとく
補助薬として
使用するものである。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

乳がん検診伝道師の
外科医 高橋保正です。

びしょ濡れでの往診、

無事終了です。

今日は、

往診でお伺いしたお家で

おっきな大福をぱくっといただき、

幸せな気持ちです。

でも、

皆様にお気遣いいただくと

一件で一個の大福として、

10個の大福を食べてしまうことに

なりますので、

あまりお気遣いなさっては

いけません。

高橋が、

満腹ふとるくん

なってしまいます。

高橋が、

満腹ふとるくんに、

なっていないかどうか、

確認のため、

会いに来てみてくださいね。

乳がんに関連したお話

だけだったら、

セミナー行くのどうしようかな、

っておっしゃる皆様も

いらっしゃいます。

私が、

毎日毎日

乳がんに関連したお話だけを

していることで、

他のお話を

聞きたい皆様も

たくさんいらっしゃると

思います。

ですからそんな皆様のために、

「美しく生きちゃう!」

ということや、

「冷たいあのひとを改心させる方法。」

あるいは、

「病気とエレガントにつきあう方法。」

などなど、

すぐにお役にたてる秘密を

セミナーでは

お伝えする予定です。

今週土曜日、

笑顔でお会いしましょうね。

そして、

涙のあなたにも、

笑顔を必ず

プレゼントいたしますからね。

セミナーのご案内は

こちら→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/page-2.html

いつもご訪問いただいている
あなたを心より応援しています。

 
クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

★私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ