あなたは私の誇り。

閉経前ホルモン受容体陽性
転移・再発乳癌に対して
内分泌療法は勧められるか
 a.一次内分泌治療 その3

推奨グレード B
(勧められる)

術後内分泌療法中あるいは
内分泌療法終了から
時間が経っていない場合は,
再発二次内分泌療法に
準じた治療が勧められる

酢酸メドロキシプロゲステロン
(MPA)は,
血栓症や体重増加などの
有害事象の面から
一次治療としては
推奨されない。

しかしながら,
閉経前転移・再発乳癌
に対する
一次治療としての
卵巣機能抑制と
MPAのランダム化比較試験
(n=40)では,
両群間の奏効率
(卵巣機能抑制:33%,MPA:55%)
に統計学的な有意差は認めなかったが,
卵巣機能抑制後増悪した症例に対して
二次内分泌療法として
MPAを使用した場合(n=10)60%に
奏効を得ている。

MPAは
二次治療以降の使用が推奨される。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

乳がん検診伝道師の
外科医 高橋保正です。

人は追い込まれると

すごい力を発揮します。

いつも外来に

一人でいらっしゃって

「もうせつなくてせつなくて。」

とか

「私もうだめです。」

と涙を流してばかりの女性が

いらっしゃいます。

おうちには

旦那様もいらっしゃって、

息子さんもいらっしゃいます。

息子様は御病気があり、

毎日看病が必要な状況です。

そういった環境が

より一層

彼女をつらく

させてしまうようです。

外来においでになるときは

普段誰にも

見せることのできない涙を

私のところで流されます。

先日、

彼女がにこにこしながら

外来にいらっしゃいました。

「先生!

 私、強くなりました!

 夫が単身赴任で

 一ヶ月いないんです。

 私が息子を守るんです!

 私についてきなさい!

 って感じです。」

彼女は笑顔で力強く、

そうおっしゃいました。

ひとは追い込まれた時、

すごいパワーを発揮します。

それがいつなのか。

誰にも分かりません。

だから普段弱虫のあなたも

大丈夫です。

あなたには

きっと色んな事を

乗り切ることができる。

あなたなら必ず

乗り越えられます。

自分の秘められたパワーを

信じていてくださいね。

自分でも

信じられないほどのパワーを

あなたは持っていますからね。

いつもご訪問いただいている
あなたを心より応援しています。

 
クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

★お知らせ
ブログやホームページを
すでにお持ちの皆様が
たくさんいらっしゃると
思います。

小さな一歩の皆様もいれば、
たくさんのファンをお持ちの
皆様もいらっしゃると思います。

少しずつ私のメルマガでも
皆様をご紹介しています。

もし
闘病生活をブログで
綴られている方や、

女性の美や健康に関する
ブログを開設されている
皆様。

御一緒に、
乳がん検診の大切さを
世の中に伝えていきませんか?

「ももいろリボンプロジェクト」

→→ http://momoiroribbon.com/
まだ、
出来たてのプロジェクトです。

皆様からの御意見を
お待ちしております。

ひとりで
思い詰めてちゃいけません。

あなたの想いは
みんなで共有して
広めていきましょう。

★私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ