ある日突然に・・。

高齢者乳がんに対して
術後薬物療法は勧められるか その2

推奨グレードA
(強く勧められる)
ホルモン受容体陽性乳がん
に対して,
術後内分泌療法が
強く勧められる。

ホルモン受容体陽性乳がんに対する
術後の内分泌療法については,
タモキシフェンが
年齢を問わず有効であることが
示されている。

また,
アロマターゼ阻害薬と
タモキシフェンの
術後治療のランダム化比較試験
の結果から,
65歳以上の高齢者でも
アロマターゼ阻害薬が
タモキシフェンより有効である
ことが示された。

以上より,
ホルモン受容体陽性乳がんに対する
内分泌療法は,
年齢にかかわらず推奨される。

ただし,
タモキシフェンによる血栓症や
アロマターゼ阻害薬による
骨関連事象,
高血圧や虚血性心疾患の既往
などには,
高齢者の場合は
特に注意を払う必要がある。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 痛ましい自動車事故が続きます。

 夢の国へ向かう直前の事故。

 あと少しで楽しい時間だったのに、

 突然襲った衝撃。

 きっとバスの中で

 まだ睡眠中のみんなは

 真っ暗な中、

 激しい衝撃と痛みで

 パニックになりながら

 助かる方法を一生懸命

 考えたことでしょう。

 亡くなった方のご冥福と

 治療中の皆様の

 一刻も早い回復を

 お祈りいたします。

 御家族へ届いた

 悲しいお知らせを思うと

 いたたまれません。

 私のお友達の

 谷原 誠 弁護士も

 最近多い交通事故の取材に応じ

 被害者の皆様が少しでも

 救われるようにと

 毎日のように

 テレビに出演されています。

 昨日、テレビを拝見したときも、

 テレビ出演の本番中に

 事故のあまりの凄惨さに

 谷原 誠先生は涙を滲ませながらも

 事故について語られていました。

 谷原弁護士と私とのお写真は

 こちら→→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372014

 病気や事故。

 それはいつ襲ってくるのか、

 予想がつきません、

  一寸先は闇。

 でも、

 その闇ばかりを考えていては

 いけません。

 いつ

 闇が襲って来ても

 後悔の無いように

 毎日を大切に、

 楽しみながら

 精いっぱい生きましょうね。

 連休です。

 体調管理と事故には

 十分にご注意くださいね。

 いつもあなたの健康と安全を

 お祈りし、応援しています。


reportbanner.png

 
クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

★私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ