隠れている乳がん。

それが

潜在性乳がん。


潜在性乳癌に対して

乳房非切除+全乳房照射を

おこなった報告では

その局所制御率は

75-100%であった。

特に

MRIにより

微小な原発巣の存在が

除外された

潜在性乳癌においては

症例数は少ないが

乳房非切除+放射線療法のみで

100%の局所制御率が

得られた。


姿が見えないと

いうことは

とても

不安を

感じるものですよね。

何かが

迫ってくる気配。

それは

人々に

恐怖を感じさせます。

でもそこに

明かりを照らしたり、

見えていない敵を

あらゆる手段で

退治しておくことは

私たちに

安心感をもたらします。

一番良いのは

見えない敵を

見えるようにして

目の前で

やっつけることです。

乳がんの検査と治療は

そういった

見えない敵を

どのように

見えるようにして

消滅させていくかの

闘いでもあります。

潜在性乳がんに

治療をしないと

どうなるのか。

明日も

お勉強は続きます(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan