ちょっと聞いて下さい。

手術可能浸潤性乳癌に対して
術前化学療法は勧められるか
その2

NSABP B-27では,
全症例で術前術後の治療により
予後は変わらなかったが,
術前化学療法を行い
pCRが得られた症例では,
それ以外の症例に比較して
DFS,OSは良好であることが
わかった。

AC→ドセタキセル群は
AC群に比較して有意に
pCRの割合を高めた
(26.1% vs 13.7%)。

また
Aberdeenの5年経過の報告によると,
CVAP4サイクルに引き続き
ドセタキセル4サイクルの順次投与を
行うと,
CVAP8サイクルに比べ
pCRが良好であった(34% vs 16%)。

pCRが得られた症例は予後良好であり,
5年生存率(97% vs 78%)の
有意な上昇を認めた。

この試験ではさらに,
たとえアンスラサイクリン系化学療法
であるCVAPに効果があった症例でも,
そのままCVAPを続けるよりも
ドセタキセルに変更するほうが
成績がよいことも示され,
アンスラサイクリンと
タキサンの順次投与の有用性が
証明された。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 40代の女性患者様が

 おっしゃいました。

「私、ドクハラを受けました。」

 私はドキッとしました。

 この方は、

 私のことを怒っているのだろうか?

 いや、

 でもお顔の雰囲気からは

 遠くを見ていらっしゃるし

 高橋のことではないかも

 しれない。

 もう少しお話を

 伺ってみようと思っていると、

 さらに彼女は続けます。

彼女:「他の病院の話です。

    おなかが痛くて救急車で

    救急外来を受診したのに、

    先生の態度が冷たいんです。」

高橋:「例えば?」

彼女:「私がおなかが痛いっていうのに、

    ぎゅうぎゅうおなかを押して

    ”痛いです!何するんですか!”

    って思わず言ったら、

    ”なんだその態度は。

    もし必要でも手術しないぞ!”

    って言われたんです。」

それから彼女は

医療不信になってしまったそうです。

ただでさえ身体がつらくて

病院を受診しているのに、

さらに精神的にひどい思いをさせられたら

たまらないですよね。

こういったことが

これから少しでも減りますように、

そしてひとりでも多くの方が

安心して病院にかかれるように

していきたいと思います。

日本の医療に変化を

もたらしたい。

また、その思いを強めました。

 いつも頑張ってるあなたの

 健康と安全をお祈りし、

 そして応援しています。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

★私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ