一歩ずつね。

原発乳癌に対する術後薬物療法として,経口フッ化ピリミジン系薬剤は勧められるか
その4

(3)カペシタビン短期間投与による術後薬物療法

65歳以上の高齢者乳癌の術後治療として,標準治療(CMF 6サイクル,AC 4サイクル)と短期間経口カペシタビン(2投1休,6サイクル)を比較し,カペシタビンの非劣性を証明しようとしたCALGB 49907 では,3年無再発生存率(68% vs 85%),3年生存率(86% vs 91%)ともにカペシタビンが有意に劣っており,高齢者でも経口化学療法ではなく標準治療を行うべきである。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 今日はゆっくりと

 患者様や御家族様と

 お話する時間がありました。

 私の声も

 すっかり元通りになり

 落ち着いてお話をすることができ

 患者様も御家族様も

 きっと御満足いただけたことと

 思います。

 治療前は、

 誰もが不安です。

 でも、一歩を踏み出す勇気が

 必要です。

 そのために私は存在します。

 勇気がなければ

 誰かにそっと背中を

 押してもらえばよいのです。

 あなたに勇気がなければ、

 そっと声をかけてくださいね。

 いつも応援していますからね!

 今日はここにも行ってきました。
 →→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11274344575.html

 今、

 あなたに起こっている出来事の

 解決の糸口が見つからないあなた、

 心配がたくさんあるあなたは、

 こちらのお問い合わせからどうぞ。

 →→ http://blog.smile-again.net/soudan

 さらに毎日

 有意義な人生の送り方を

 メルマガでも

 お伝えしています。

 ご登録は無料です。
 毎日お届けしますね。
→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

 いつも頑張ってるあなたの

 健康と安全をお祈りし、

 そして応援しています。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ