お金の話、大事です。

閉経前術後ホルモン受容体陽性乳癌に対する化学療法後の卵巣機能抑制療法は勧められるか
その3

化学療法によって,どの程度無月経が誘発されるかが問題であるが,これは年齢により明らかに違いがある。39歳以下においては無月経が誘発されるのは40%にしかすぎないが,40歳以上の患者ではCMF治療により90%の患者に無月経が誘発される(IBCSG VIII)。Leeらもほぼ同様の結果を報告している。INT 0101について月経状況別のサブグループ解析がされており,月経継続群に関しては,CAF群とCAF後LH-RHアゴニスト投与群との間に明らかにRFSについて差が認められるが,CAF後無月経となった症例にはLH-RHアゴニストの追加効果は認められなかった。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

「どれぐらいお金を、

 用意すればよいのでしょうか?」

 勇気を振り絞って、

 患者様がおっしゃる場合があります。

 莫大な金額が病院から

 請求されるかもしれない。

 そういった不安が、

 患者様のこころを揺さぶります。

 たくさんの不安が

 次から次へと患者様を襲います。

 それらをひとつひとつ解決していき、

 すべてのこころの準備ができてから

 治療に取り組むことが必要だと

 私は思います。

 特に、医療費の詳細について

 病院にかかる前に

 情報が皆様に届くと安心ですよね。

 外来に受診していただいて、

 ソーシャルワーカーさんと

 じっくりお話をすることで

 解決できることもたくさんあります。

 受診前にあなたの不安を

 ひとつでも多く解決したい。

 そのために出来ることを考えて

 また新たな準備を進めていきますね。

 こちらものぞいてくださいね↓↓


reportbanner.png

 素敵な本のご紹介は
 こちら →→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11276536360.html

 今、あなたに起こっている出来事の

 解決の糸口が見つからないあなた、

 心配がたくさんあるあなたは、

 こちらのお問い合わせからどうぞ。

 →→ http://blog.smile-again.net/soudan

 いつも頑張ってるあなたの

 健康と安全をお祈りし、

 そして応援しています。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ