乳がんになったら

赤ちゃんは

諦めなくては

いけないのでしょうか?


妊娠・授乳期の乳癌は

そのホルモン環境、豊富な血流より

予後不良とされてきた。

妊娠中という

特殊環境下での

適切な乳癌手術の時期、

手術術式の選択および

安全性について検討した。

妊娠・授乳期乳癌は

45歳以下女性乳癌患者の

2.6%であり、

リンパ節転移陽性乳癌が多く、

腫瘍径も大きく、

進行例が多いとされる。

一方、

リンパ節転移、腫瘍径、年齢を

考慮した多変量解析では

予後に差が無いとする報告もあり

病期に応じた治療法を

選択すべきである。


これも

思い込みが

多分に影響しているようです。

妊娠すると

乳がんが進行してしまうと

こわがる必要は

ありません。

あわてて

妊娠を中断する

必要もありません。

あなたが、

そして

赤ちゃんが

どのような状況に

置かれているのかを

きちんと把握し

これからの治療を

選択していくのです。

そのためのヒントを

明日も

ご一緒に探しましょうね(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan