妊娠中に

「抗がん剤は危険」

なのでしょうか?


妊娠中期(5-7ヶ月)、

後期(8-10ヶ月)での

化学療法は

長期の安全性が

確立されていないものの

必要と判断される場合には

検討してもよい。


妊娠の初期では

赤ちゃんの安定性を

考えると

抗がん剤治療を

おこなうことは

危険性を伴います。

妊娠中期を過ぎると

抗がん剤治療による

戦略も

考慮していくことに

なります。

今回の

ガイドラインの文言では

赤ちゃんが生まれて

育ったあとの

後遺症については

まだ検討の余地があるという

ニュアンスになっていますね。

お母様も

赤ちゃんも

どちらもずっと元気で

いられる方法を

考えなければ

いけません(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan