頑張らずにはいられない (*^_^*)

新しい治療法は その7
5HT3受容体阻害薬は、本邦では各種薬剤(グラニセトロン、ラモセトロン、オンダンセトロン等)が承認・仕様されており、ステロイド等との併用が一般的です。しかし、ASCOやNCCN,MASCCといった国際的なガイドラインでは、制吐療法は新規治療が取り入れられています。今回制吐薬として本邦で承認されたNeurokinin-1-Receptor AntagonistであるNK-1阻害薬アプレピタント(イメンド)と、新規5HT3受容体拮抗薬のパロノセトロン(アロキシ)は高度もしくは中等度催吐性の化学療法に対する制吐療法として、既に欧米の制吐療法ガイドラインで取り上げられています。


”乳がん インフォームドコンセントガイド” 
編集 徳島大学名誉教授 森本忠興先生 
徳島大学教授 丹黒 章先生 
くにとみ外科胃腸科医院院長 岡崎邦泰先生
日本医事新報社
より抜粋引用、一部改変

たくさんの方とメールマガジンで

つながっていると、

時々S.O.S.メールが

飛び込んでくることがあります。

「怪我をして今病院にいます。」

とか。

「道で転んで頭をぶつけました。」

とか。

「貧血が進行してもうろうとします。」

とか。

「外出の途中でふらふらして駅で休んでいます。」

など、救助が必要な場合もあります。

緊急事態であれば、

適切な対応をしなければいけません。

ただし、すぐにお返事ができない場合もあり、

必ずしも常にご協力できるとは限りません。

一刻を争う緊急事態であれば、

すぐに救急車を呼ぶようにお伝えすることも

ございます。

あなたも、どうしてもつらいときは

必ずお近くの病院か119番へご連絡してくださいね。

可能な限り、私もお力添えはさせていただきます。

ちょっとしたご相談は、

いつでも大丈夫ですからね。

いつも応援しています。

 
クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ