意味不明です。


-The abstract of my blog on 11th November-

I sent the 200th memorial e-mail magazine yesterday. I think that doing something regularly and continuously is very important. Some people think living more easily avoiding hardships is the best while others think cherishing every day making efforts and facing hardships is very important. To tell the truth, I am, actually, the former. So I continue to give myself tasks to do. And they should be what I want to do. It’s a secret of success to continue to do them. I increase what I should do little by little and raise the bar gradually. Then continuing to do my tasks and clearing hurdles one by one can be my gratification. How about you? I’ll send you a source of energy every day. Welcome to my e-mail magazine!
(Translation supported by Mari Numata)

乳がんとは? 発生と進展 その3
終末乳管と腺房上皮を終末乳管小葉単位(TDLU)といいます。乳がんの大部分はこのTDLUの乳管上皮から発生しますが、小葉の腺房上皮や乳管開口部付近から発生することもあります。末梢乳管に発生したものを乳管がん、小葉腺房に発生したものを小葉がん、乳管開口部付近に発生したものをパジェット病といいます。

”乳がん インフォームドコンセントガイド” 
編集 徳島大学名誉教授 森本忠興先生 
徳島大学教授 丹黒 章先生 
くにとみ外科胃腸科医院院長 岡崎邦泰先生
日本医事新報社
より抜粋引用、一部改変

時々患者様に驚かれます。

「先生の靴、おっきい!」

そうです。

私の靴のサイズは28cmです。

何とかの大足って昔から言うでしょ?

だから恥ずかしくて普段は言わずに、

隠しているんです。

考えてみれば、外来で皆様にお見せしている表情の多くは

左の横顔です。

そして、左半身、そして左足。

そうなんです。

横からみると、とても靴が大きいのが

分かってしまうのです。

身だしなみは足下から。

それも大切ですよね。

靴はいつもぴかぴかにしておかなきゃね。

そろそろお靴が疲れてきたので、

お気に入りの靴屋さんからネットでご注文しようとして

靴のサイズを確認し、

ふと患者様のお言葉を思い出したというわけです。

そもそも、足が大きすぎて

探すのが大変です。

ですからお気に入りが決まったら、

それを購入し続けないといけないのです。

自分の身体のことを分かってくれている靴屋さん。

嬉しいですよね。

病院もそういうところでなきゃいけないですよね。

いつでも自分のことが分かってくれる。

いつでも自分の気持ちが分かってくれる。

いつでも暖かく迎え入れてくれる。

そういう病院がたくさん増えてきますように。

うん。靴と全く関係ないけどね!
ってクリックしてね!
→→人気ブログランキングへ

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

無料メールマガジンではさらに違った角度から

皆様へ人生の楽しみ方をお伝えしています(^_^)v

ブログやメールマガジン、Facebook、Twitterの舞台裏も

こっそりお伝えしていますから。

こちらからどうぞ。

→→ここをクリック

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ