気持ち良いよね。


The abstract of my blog on 24th May

In both Japan and overseas countries, current guidelines for women who had breast cancer have a tendency to show that CT scan should be done only once a year as periodical health examination after surgery. In short, the necessity of early detection and early treatment of breast cancer recurrence and metastasis has not been proven yet so guidelines say that “once a year” is enough for them. When patients feel fear and tell their doctors that they want to take CT examination, doctors might reply like this, “You don’t need CT scan now.” No one can say that the answer is wrong. But I recommend you to ask them again like this, “Do you give your families the same answer?” The answer might be different from that. (Translation supported by Mari Numata)

欧米における乳房MRIのガイドライン
<日本の乳癌診療ガイドライン>
ー良悪性鑑別 MRI vs CT  その2 ー

一方、乳房MRIが良悪性鑑別に有用であることを示す根拠は十分ではない。しかし、15年前のMRIの正診率を現在と比較することは妥当ではない。2003年にはAmerican College of Radiology (ACR)からBreast Imaging Recording and Data System:(BI-RADS)-MRIが提唱された。現在それらを用いた診断基準が議論され、今後の診断精度の向上が期待されている。

”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

睡眠時間はとても大切です。

そして良質な睡眠もとても大切です。

でも、実際にそれを確保することは

とても難しいと思います。

不安で眠れないこと、

忙しくて眠れないこと、

怒りのために寝付けないこと、

それはたくさんあると思います。

でも、

不安や怒りやいらいら感は、

睡眠不足により悪化します。

睡眠には、

脳を休める目的、

身体を休める目的、

があります。

横になって身体を休めるだけでも、

疲れはとれます。

でも良質な睡眠が得られない場合には、

眠剤(睡眠導入剤)に頼ることも悪いことではありません。

患者様の中には、

「眠剤は癖になるし、身体に悪いでしょ?」

とおっしゃる方もいらっしゃいますが、

それは誤解です。

しっかりと身体を休め、

良質な睡眠を確保すること。

それが病気を乗り越える第一歩なのは、

間違い有りません。

主治医の先生に、お気軽にご相談してみてくださいね。

元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

そして、Facebookでもお話しましょうね。

今日も応援クリックをおねがいできますか?
人気ブログランキングへ

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ