ずいぶんな結末だこと。


The abstract of my blog on 1st July

I was scolded by a patient in her 70s. The reason she scolded me was — “the way” was different from her imagination. I used a computer when I explained about her mammographic images. Though the images were on the screen clearly, she thought they should be displayed on “Schaukasten”, which is used to illuminate X-ray photograph. Thanks to my staff’s preparing it immediately, I could explain about films to her using “Schaukasten” and she seemed satisfied very much.”The sound” which occurs when I set the X-ray photograph on it made her smile. All patients have each one’s standard for happiness and satisfaction so I always try to think about it and meet their needs. And I feel happy when I see patients’ smiles. This story was very hard to translate, I think. Special thanks to Mari.(Translation supported by Mari Numata)

欧米における乳房MRIのガイドライン
<乳房MRIの実施に関するACRガイドライン>
ー現在の適応ー
b.病変の広がり
(1)浸潤がんおよび非浸潤性乳管がん その1
浸潤がんおよび非浸潤性乳管がん(DCIS)患者における病変の広がり評価ならびにmultifocalityおよびmulticentricityの検出に乳房MRIは有用な場合がある。悪性腫瘍を有する乳房において、MRIは15-30%の潜在病変の検出が可能である。多くの患者において標準的なマンモグラフィーおよび触診よりも、MRIは正確に病変の広がりを判定する。これが再発率を変えるのかは、最新の手術、放射線療法、および全身療法も関連しており、まだ結論はでていない。

”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

気分転換に小説を読み始めました。

百田尚樹さんの”幸福な生活”です。


本屋さんの新刊コーナーで私を呼んでいました。

とても幸福な感じのストーリー展開で、

でも何だか雲行きが怪しくなってきたなーと思うと

最後の一行で地獄に突き落とされる。

そんなスリリングな小説です。

日常の中のよくある夫婦の風景。

よくある親子の風景。

よくある友人との風景。

しかし実際にその奥深くを覗いてみると、

実は真っ黒などろどろした世界が渦巻いている。

そんなことは実際にもあり得るかもしれません。

どうかいつも真っ白なこころで

皆様はいてくださいね。

くれぐれもこんな世界を体験なさいませんように。

私も十分に気を付けます。

くわばら、くわばら。

今日も応援クリックをおねがいできますか?
あなたのクリックで
たくさんの仲間たちを笑顔にできるのです。
人気ブログランキングへ

神奈川乳がん市民フォーラムのお申し込みはこちらからお願いいたします。
元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ