もう!減量中なのに油断してしまった。


-The abstract of my blog on 9th July-

I sometimes go back to my starting point. The image of my parents who are still working as hard as they can for people’s smile is my important one. And the images of what I really want to do and what my mission is are also my starting points. Making children who have disease smile by talking and playing with them, just being with patients who are suffering from pain silently, trying every possible means to help people in need with my all medical knowledge and technique as a doctor, and protecting women as a man, these are my ideals, and motivations which makes me what I’m today. It’s good for us to go back to our starting point once in a while. That will remind us of what we really want to do and what we want to be. (Translation supported by Mari Numata)

欧米における乳房MRIのガイドライン
<乳房MRIの実施に関するACRガイドライン>
ー現在の適応ー
c.臨床所見または画像所見の付加的評価
(5)MRIガイド下生検
マンモグラフィーおよび超音波で検出されず、MRIでのみ認められる病変に対する吸引式針生検および術前のワイヤ留置

”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

のんびり一人旅をしてきました。

実際は、乳がんの勉強会参加とFacebookの勉強会への参加が目的の旅。

感じたことは、

今、博多が熱い!ということ。

久しぶりの遠出だったのでいっぱい楽しもうと思い、

スケジュールをフルに埋めました。

昨日、午後からたっぷり4時間の乳がん勉強会参加。

夕方からは著名な先生方との交流会。

Facebookで交流していた先生ともお会い出来ました。

交流会が終了後は中州で深夜まで映画鑑賞。

大好きな織田裕二さんの映画でした。

「アンダルシア 女神の報復」

相変わらず織田裕二さんはかっこいいですね。

フランスやスペインの旅行気分も味わえました。

映画が終わったのが深夜の1時。

それから減量中なのも忘れて深夜2時に博多ラーメン。

お店を出る頃には、

「すっかり人もいなくて寂しいだろうな。」

なんて思ったら大間違い。

街にはたくさんの若者たちやおじさま方や、

華やかな女性たちがあふれていました。

すごく熱い街ですね、博多。

九州のパワーを感じました。

明らかに、関東のパワーがダウンしているのを感じます。

もちろん関東は節電の影響もありますが、

人々の熱気があきらかに違うのです。

私たちは、時々全く違う環境に身を置いてみるのが大切だと感じました。

同じ日本でも地域によって大きなパワーの違いがあるのですね。

日本の復興のために必要なパワー。

それは今は西日本にあるのかもしれません。

西日本のパワーが日本を元気にします。

私も西日本の、そして九州、博多のパワーをいただきました。

新たな出会いもたくさんありました。

必ずすべてがあなたの笑顔につながっていきますよ。

また御報告しますね。

今日も応援クリックをおねがいできますか?
あなたのクリックで
たくさんの仲間たちを笑顔にできるのです。
人気ブログランキングへ

神奈川乳がん市民フォーラムのお申し込みはこちらからお願いいたします。
元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ