常に情報発信はしていかなきゃね。


-The abstract of my blog on 14th August-

Everyone has each one’s comfort zone. Some people may like to spend their time alone quietly, some may like to go shopping and have lunch with friends, and some may like to communicate with people on the Internet anonymously. On the other hand, some may not be able to get along with everyone, some don’t like to speak in front of people, and some may feel uncomfortable when she or he sees their doctor at hospital. Most of these seem to be affected by past memories and home environments. Many people tend to stay comfort zone because it requires a lot of energy if we try to come out of the current situation. But I don’t like to stay comfort zone because I think it “tepid water.” I always want to keep “change” in my mind. If you have some problems and worry, I will give you my energy to overcome them. By facing hardship, most of our problems can be solved. I always support you if you need. Let’s face and overcome them together.  (Translation supported by Mari Numata)

DCIS(非浸潤性乳管がん)に対する外科的治療
<乳房切除術 その4>
全乳房切除術(total mastectomy)は、乳頭乳輪および腫瘍直上の皮膚は切除し、脂肪層を含めた「乳房」を切除する。この方法では乳腺組織は完全に切除され、DCISに関しては完全治癒が望めるはずである。

”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

来月は仙台へ遠征です。

日本乳がん学会の総会が開催されます。

あと2週間。

また期限が近づいています。

今回の私の発表のテーマは、

超音波ガイド下乳房穿刺吸引組織診(VACORA)です。

VACORAを使用している病院はまだ少なく、

その使用方法や正確にしこりを狙い撃ちする方法について

動画を使用して発表をしてまいります。

現在、発表原稿とスライドを作成中です。

また同時に、

英語論文として活字にするための原稿も作成しています。

きっと学会発表までには英語論文も、

出来上がることでしょう。

それが学会誌に採用されるかどうかは別問題ですが。

でも、

精度の高い乳房生検を広めるためにも、

世界に向けて情報発信していかなければなりません。

あと2週間。

いつもの皆様への応援はもちろん継続します。

日々の診療も当然いつもどおりです。

今週手術のあなた。

今週御家族が手術のあなた。

現在治療中のあなた。

定期検診継続中のあなた。

毎日応援しています。

何があっても、一緒に頑張るんだからね!

元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

今日も応援クリックをおねがいできますか?
私もいつもあなたを応援しています。
あなたのクリックで
たくさんの仲間たちを笑顔にできるのです。
人気ブログランキングへ

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ