ようやく落ち着きました。


-The abstract of my blog on 18th August-

No one knows when we might be attacked by disease. These are what I always tell people who got disease: “Don’t grieve over getting disease,” “Don’t blame yourself,” “Don’t blame your families.” And “Let’s turn the truth that you got disease into positive.” “Let’s think how to live happily and brilliantly instead of thinking why you got disease.” But actually it may be difficult for us to turn our lives into positive in some situations. In that case I always go to a bookstore. While facing many books, we can get many hints to make our lives great. Some of them may change our lives dramatically. Bookstores are treasure houses of hints. So I think “Let’s go to a bookstore and seek hints that will change our lives.” (Translation supported by Mari Numata)

DCIS(非浸潤性乳管がん)に対する外科的治療
<リンパ節の手術 その1>
DCISは乳管内にとどまるがんであるから、「がん全体が」「真に」DCISであれば、理論上リンパ節転移は起こらないはずである。しかし、文献的にみると最終病理診断がDCISの症例でもわずかながらリンパ節転移が報告されており、これは病理学的検索の限界によると考えられる。

”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

お盆は病院がざわつきます。

他の病院がお休みに入る影響もあると思いますが、

患者様の人数や重症度が増すのです。

救急車や緊急手術が増え、

私たちの活躍の場が増加します。

そして私の当直の時には、

お約束の緊急手術。

今週の前半の当直では、

緊急手術が続きました。

お盆に限らず、

毎週のはじめは緊急手術の割合が増加します。

週末皆様が我慢された結果が

そのような傾向につながるのだと分析しています。

週末における一週間の疲れ。

でも週末は病院がお休み。

週明けは会社に行かなければいけないというストレス。

様々な理由で、月曜日に体調不良を起こす皆様が多いのです。

どうか、お仕事を楽しんでください。

どうか、上手に週末を過ごしてください。

元気に月曜日をスタートしましょう。

でも、ひとりで頑張りすぎないでくださいね。

月曜日は、

どうしてもネガティブな気持ちになりやすいのです。

楽しい一週間が始まりますように、

毎週毎週楽しみを考えましょう。

自分の成長のための勉強会に参加したり、

楽しいイベントに参加する予定を組んだり、

日々のしあわせが増すように工夫してみましょうね。

ちょっとした工夫で人生は明るくなります。

良い週末をお過ごしくださいね。

そして来週もまた、御一緒に頑張りましょうね。

元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

今日も応援クリックをおねがいできますか?
私もいつもあなたを応援しています。
あなたのクリックで
たくさんの仲間たちを笑顔にできるのです。
人気ブログランキングへ

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ