陰から陽へ!


-Abstract of my blog on 18th Apr. 2011-

Yesterday, members of the surgical team, doctors who specialize gastroenterology, and members of my palliative care team gathered and took some pictures together. And I posted them on Facebook and my Web page of palliative care. Patients are always supported by many doctors and medical staffs. I hope members’ smile make you relax and happy. And your smiles will be sources of our smiles. I want you to know us well with these tools. And you can contact me at any time.

Supported by mari.n on Twitter

<再発における化学療法>

ー化学療法剤 ー

経口5FU剤 
カペシタビン その1

カペシタビンは腫瘍組織で高い酵素活性を示すthymidine phosphorylaseにより活性化されるという特性に加え、腸管毒性と骨髄毒性を軽減させることを目的として開発された。

”乳がん診療実践マニュアル” 
福富隆志先生編集 愛知医科大学乳腺・内分泌外科教授
MEDICAL VIEW
より抜粋引用、一部改変

昔からひとに、

「いいな~。悩みなんかないでしょう?」

と言われることがあります。

もちろん、

「そうだよ。悩みなんかないよ。」

ってご期待に応えてみたりします。

またある方は、

私が医師であるという理由で

「いいな~。エリートコースで!コンプレックスもないでしょ?」

とおっしゃることがございます。

このお答えは困ります。

エリートコースでもないし、

コンプレックスもたくさんあるし・・。

でも、

コンプレックスって大切ですよね。

「ちくしょ~!」

とか

「負けないぞ~!」

とか

「今に見てろよ~!」

とか、

とっても大事です。

誰にでもコンプレックスはあります。

そしてひとは、

コンプレックスをバネにして成長するのです。

ですから、

コンプレックス最高!

私のコンプレックスはたくさんありすぎるので、

また今度ご紹介しますね!

えー、聞きたいような聞きたくないような。
って、クリックをおねがいできますか?
人気ブログランキングへ

Facebookはこちらからどうぞ!
「いいね!」ってして仲間になってね!
いっぱいお話しよう!

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ