それでもまだまだやりたりない。


英語の要約はこちら

再発乳がん診療の新展開
<内分泌療法>
ーホルモン療法剤の分類と作用機序 その1 ー
ホルモン療法剤は作用機序別に、選択的エストロゲン受容体作動薬(selective estrogen receptor modulator:SERM)、アロマターゼ阻害薬(AI)、LH-RHアナログ、プロゲステロン製剤の4種類に分けられる。

SERMは乳腺組織のエストロゲンレセプター(ER)に対し、エストロゲンと競合的に結合することによりエストロゲンによるシグナル伝達を抑制することから、抗エストロゲン剤ともよばれ、タモキシフェンとトレミフェンが用いられている。

”乳がん診療実践マニュアル” 
福富隆志先生編集 愛知医科大学乳腺・内分泌外科教授
MEDICAL VIEW
より抜粋引用、一部改変

今日も長い一日がようやく終わりを告げようとしています。

そして、まもなく新しい一日が始まります。

慌ただしい一日だと、無我夢中で一日が過ぎていきます。

やることがたくさんあることは幸せなことです。

御一緒に、毎日やるべきことをたくさん見つけましょう。

自分にたくさん課題を課しましょう。

そうすると一分一秒がとても大切に感じます。

私も、何もしないでいる時間が

とてももったいなく感じてしまいます。

皆様も御一緒に、

どんどんやるべきことを見つけていきましょうね。

もしよろしければFacebookでも

たくさん会話がしたいです。

Facebookはとても難しい気がする。
でも、すぐに慣れちゃう気もする。
って、クリックをおねがいできますか?
人気ブログランキングへ

Facebookはこちらからどうぞ!
「いいね!」ってして仲間になってね!
いっぱいお話しよう!
Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ