夏だからね。

1960年代のアメリカにおいては、

治療計画の立案を統合する必要性が議論され、

草の根レベルのチーム編成が開始された。

また、外科医、腫瘍放射線科医、腫瘍内科医、専門医による話し合いの必要性が議論され、

専門医の確立が求められた。

また、医師が中心となって、患者のニーズ、適用可能な治療も模索し始めた。

そして、最適な治療方法について討論し、方針が決定されるようになった。

2010年6月17日 東海大学における上野直人先生(MDアンダーソンがんセンター教授)の御講演より抜粋引用

びっくりですね。

ぞっとするお話ですね。

今の日本じゃないですか。

アメリカではすでに約50年前にこういった動きになっていたのですね。

日本はまだまだ鎖国時代の影響が残っているようです。

もっともっと世界に目を向けないと、時代に取り残されそうですね。

何よりも、患者様たちに申し訳ないです。

もっともっと海外の動きを見て、何十年分も飛び越えていかないと、

本当の患者さまのニーズに答えられないですよね。

今、日本人に求められていること。

それは、英語に対する苦手意識を排除し、みんなで英語に慣れて、

さりげなく自然に英語が口からあふれだすようにトレーニングすることでは、

ないでしょうか。

そういう私もぜんぜん苦手意識はとれません。

でも全然あきらめていません。

昔からあきらめたことなんてありません。

皆様の笑顔のためにできること。

思いつく全てのことに挑戦し続けます。

これからも、ずーっと。

もっとたくさんの医療スタッフにもこのことに気づいて欲しい!
ってクリックをお願いいたします。
blog ranking

緩和ケアは日本のこころを織り交ぜて!
kanwa-care.com banar.png
twitterに一緒に挑戦してね。yasuuのIDはDrYasuu
Twitterボタン
Twitterブログパーツ