私もそのひとりです。

医師補助師はPhysician Assistant(PA)

全米で8万人います。

その役割は実は「医師の補助」ではありません。

それだと、つまらなくて長続きしないようです。

ですから、医師補助師は主体性を持って、

医師の指導のもとに医療行為をおこなっています。

そして、その立場はあくまでも医師と対等なものです。

2010年6月17日 東海大学における上野直人先生(MDアンダーソンがんセンター教授)の御講演より抜粋引用

さて、これだけ地位の高い医師補助師は、

いったいどのようにしたら資格を得ることができるのでしょうか。

明日また考えてみましょう。

御講演を聞かせていただいた、上野直人先生。

初対面でお会いしたにも関わらず、とても仲良くお話できました。

前もってTwitterで、上野先生とお話ししていたからです。

皆様もご遠慮なくTwitterにおこしくださいね。

yasuuもできる限り、お返事しますからね。

でもくれぐれも、Twitterなしでは生きられない、

Twitter中毒患者にならないように注意してね!

私たちのために、軽く中毒な上野先生は、今日アメリカに戻られました。
「なんか寂しいけど、たくさんいろいろなことを教わったよね!」
ってクリックをお願いいたします。
blog ranking

世界にほこれる緩和ケアを!
kanwa-care.com banar.png
でもtwitter中毒にご注意を!yasuuのIDはDrYasuu
Twitterボタン
Twitterブログパーツ