京都の紅葉と先斗町の町並みが大好きです。

質問:
針生検について教えてください。
お答え:
針生検(組織検査)は、細胞診よりもやや太めの針を刺し、その中に組織の一部を入れて取り出す方法です。
通常はマンモグラフィーや超音波検査で、採取部位を確認しながら検査がおこなわれます。
針生検には、コア生検という一度に一組織のみ採取して検査する方法と、マンモトームという吸引機能のある機械を用い、一度に複数の組織を採取して検査する方法があります。
特にマンモグラフィー検診で、石灰化という所見だけが発見され、触ってもしこりがわからず、超音波検査でも存在がはっきりしない場合には、後者のマンモトーム生検が診断に有効です。
“患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2009年版” 日本乳癌学会編
金原出版株式会社 より抜粋引用

11月は京都が大変な賑わいを見せます。
去年も学会発表でこの季節に京都を訪れましたが、
とてもたくさんの人々が京都に押し寄せていました。
そして誰もが美しい紅葉に魅了されました。
今年も間もなく京都で学会があります。
すれ違う人みんなが外科医だったりしてとても不思議な雰囲気になるのですが、
学会のシーズンは普段とは異なった環境で勉強ができるので、
年末が大好きです。
あとは、クリスマスイブもあるしね。
サンタさんも本当にいるしね!! (*^_^*)
いつまでサンタさんを信じているの?
でも夢はみんな大切にしないとね!!
ってクリックをお願いできますか。
blog ranking
より多くの方に乳がんについて知って欲しいからこちらもクリックお願いできますか。
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ