病院を受診されたときに視ただけで診断がつく場合があります。

「近年、早期乳がん、早期発見、早期診断と叫ばれているが、視診で診断される乳がんは、残念ながら一部を除いてほとんどが中等度、高度の進行がんであることが多い。
しかし、現代の世の中に「どうしてこんなにまで」と、胸を開いた途端に、唖然として絶句する状況の乳がんをみることが少なくない。
進行した乳がんであっても、さほど苦痛がないこともあって、お年寄りの面倒をみている主婦や、子供の教育に専念するあまりの母親などが、自分のことは後回しにしたり、そしてとりわけ独身女性の恥じらいが災いして、いつまでも医師の診断を受けないことが多いのである。
“乳腺外科の要点と盲点” 幕内 雅敏先生監修 霞 富士雄先生編集より抜粋引用」

みなさま、お願いですから身体の異常に気づいたら我慢しないでくださいね。
病院は全然こわいところではありませんよ。
たまには、こわい先生は確かにいらっしゃいますが・・・。
でも、しっかりと早めに診断をつけて、早めの治療がとっても大切なんですから。
どうか、こわがらずに、一度だまされたと思って乳腺外来を受診してみてくださいね。
↓本日も、ブログランキングのクリックをお願いできますか。クリックで一人でも多くの方を乳がんのお悩みから救ってまいりましょう。みなさまの応援を、心より感謝申し上げます。
blog ranking