自分がどれぐらい

乳がんになる

危険性があるのか。

予想できれば

何か行動に

変化が起こるかも

しれません。

様々な国で

乳がんの危険性を

予測するツールが

研究されています。


乳がんの治療成績を

向上させるためには

発症予防のための一次予防、

ならびに

早期発見のための

二次予防が重要である。

ハイリスク者を

同定することができれば

臨床的に有用である。

Gailモデルは

乳癌既往のない健常女性の

乳癌罹患リスクを

算出する方法であり、

今後5年間に

乳癌に罹患するリスク

および

生涯にわたるリスクを

推計する。

乳癌やDCISの

既往がある

女性の評価はできない。


Gailモデルは

米国在住の女性を

対象に

研究され

作られたツールです。

これが

全世界で

使用できれば良いのですが

実際には

どのように使われて

いるのでしょうか?

日本ではまだ

このツールが

広まっていないのには

何か理由が

あるのでしょうか?

明日は

日本や他の国における

Gailモデルに関する

考え方について

お伝えしていきたいと

思います。

今日は

連休の最終日。

毎日

勉強している

あなたは

確実に成長しています。

そんなあなたには

ステキな人生が

必ず

待っていますからね(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan