乳頭からの分泌物でお悩みのみなさまへ。
今日は、異常乳頭分泌物に関するお話です。

「乳頭異常分泌で乳腺外来を訪れる例は必ずしも多くない。
最初に行うのは乳管造影ductographyや区域乳管腺葉切除microdochectomyでなく、通常通りの診察で腫瘤やdimpling、腋窩リンパ節の腫大など乳房身体所見を確かめる。
マンモグラフィーや乳腺エコーでもがん所見を確かめる。
これらがみられない乳頭分泌だけの乳がんの多くは非浸潤性、予後良好で、できるだけ保存的に治療したい。
“乳腺外科の要点と盲点” 
幕内 雅敏先生監修 霞 富士雄先生編集 より抜粋引用」

今日はこれから緩和ケアチームのカンファランスのあと、夕方の診療があります。
それが終わると今度は抗がん剤治療に関する勉強会に参加してきます。
あっちいってこっちいって、様々な交流をしています。
また一つでも皆様にとっての有意義な情報が得られると嬉しいですね。


reportbanner.png

↓本日も、ブログランキングのクリックをお願いできますか。 クリックで一人でも多くの方を乳がんのお悩みから救ってまいりましょう。みなさまの応援を、心より感謝申し上げます。
blog ranking