手術後の再発の再発が問題です。

 

再発巣に対する

局所切除のみをおこなったあとの

再々発の割合は60-70%である。

 

胸壁再発巣に対して

胸壁合併切除などの

過大な侵襲を加える手術は

QOLの観点からも

勧められない。

 

乳がんの手術後の皮膚に

しこりが出現することが

あります。

 

その多くの場合が

がんの局所再発です。

 

局所再発を

もう一度切除しても

さらに再発する可能性が

60-70%あるということです。

 

だからといって

切除範囲をどんどん大きくすると

術後の痛みが強くなり

日常生活に支障がでます。

 

まずは再発した部分の

局所切除の可能性を検討し

さらに

切除しても再発して

しまう可能性も

考慮に入れながら

方針を決定していきます。

 

せっかく

2回目の手術を決断したのに

その後すぐに再発したら

悲しくなってしまいますからね。

 

再発の再発を

いかに防いでいくか。

 

それが大切です(*^_^*)

 

【関連記事】

局所再発の外科手術

再発の再発

完全切除と不完全切除

乳がん再発局所切除の意義

再発への拡大手術

予後の改善のために

胸壁再発巣手術のまとめ

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan