やはり完全切除が基本です。

 

局所制御を目的とした

胸壁再発巣切除については

肯定的な論文もみられる。

 

胸壁再発巣に対して

局所を広く切除することで

局所制御が可能であり、

また

完全切除できた症例では

不完全切除(遺残のある)

症例に比べて

胸壁の再々発は少なく、

それぞれ

5年生存率は58%と21%であった。

 

広く

乳房の再発部位を

切除することで

再々発を防ぐことができます。

 

さらに

生存率も高めることが

できるのです。

 

もちろん

手術だけで

治療が終わる訳では

ありません。

 

せっかく

乳房の局所再発を

制御することができたら

全身への転移も

制御しなければ

なりません。

 

局所と全身と、

その両方を制御していくことが

何よりも大事なことです(*^_^*)

 

【関連記事】

局所再発の外科手術

再発の再発

完全切除と不完全切除

乳がん再発局所切除の意義

再発への拡大手術

予後の改善のために

胸壁再発巣手術のまとめ

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan