なかなか深い研究結果です。

 

センチネルリンパ節陰性にて

腋窩温存した場合の

腋窩リンパ節再発は

約0.3-1.6%であり

SNBの偽陰性率より

かなり少ない。

 

SNBとは

sentinel node biopsy

日本語で

センチネルリンパ節生検

です。

 

腋の下の

見張りリンパ節と呼ばれる

センチネルリンパ節。

 

手術中に

いきなり全ての

腋の下のリンパ節を

取り除くのではなく

見張りリンパ節のみを

摘出し

転移がなければ

リンパ節切除はしない。

 

それが

センチネルリンパ節生検。

 

でも

ごくわずかの割合で、

本当は転移があるのに

センチネルリンパ節生検では

「大丈夫」と判断される。

 

それが、偽陰性。

 

今回のデータでは

偽陰性、

すなわち

腋窩リンパ節転移があるのに、

「大丈夫」との検査結果がでて

何もしないとしても

その全員が再発するわけではないと

いうことを

表しています。

 

【関連記事】

脇の下のリンパ節再発

リンパ節再発への集学的治療

リンパ節再発のデータ

やはり再郭清か

センチネルリンパ節生検後再発

センチネルリンパ節転移診断

衝撃的な事実

リンパ節の取り残し

鎖骨上リンパ節再発の治療

乳がんリンパ節再発のまとめ

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan