手術可能な浸潤性乳癌に対して

温存手術を目的とする以外でも

術後に化学療法が

必要と考えられる

患者に対しては

術前化学療法を

考慮しても良い。

推奨グレード C1


乳房温存を

目的としなくても

術後に化学療法が

必要な場合は

術前化学療法を

おこなうことで

明らかなデメリットはないと

考えられる。

術前化学療法は

術後におこなうべき

化学療法のレジメンを

術前におこなうという

原則に基づく。

サブタイプや進行度に応じて

AC

AC→タキサン

FEC→タキサン

等のレジメンが

用いられる。

以上のように

乳癌診療ガイドラインでは

解説されています。

抗がん剤治療を

術前におこなったほうが

良いのか、

術後におこなったほうが

良いのか、

悩まれる方が

いらっしゃいます。

研究結果からは

両者の

生存率は同等であり、

局所再発率の上昇は

術前化学療法でも

認められない、

という点を考慮し

主治医の先生と

一緒に

結論をだされるのが

良いと考えます。

明日は

「完全に病気が消える。」

という視点から

お話させて

いただきますね(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan