はっしーさまから

ご相談メールが

届きました。

********************

こんにちわ。

毎日一回

メールありがとう

ございます。

毎日、

乳がん検診を

おもいだす(^^;;

ありがたいメールです。

きょうは、

また相談です。

三年くらい前から、

左FADで、

ひっかかり、

去年

薄くなってる感じだね、、

と、言われ、

安心しました。

今年、

職場がかわったこともあり、

検診の病院をかえ、

乳がん検診で

異常をいわれたことがあるか?

との欄に、

左FADで

毎年ひっかかると

記載はしましたが、

きょう、結果で、

左良性石灰化

カテゴリー2と

記載されて

かえってきました。

これは、

また、FADとは

違いますよね??

みた病院もちがうので、

どうなのかなあ、、

とはおもいますが、

また一年から

二年後の検診で

大丈夫でしょうか??

カテゴリー2は、

明らかに

良性な所見がある

とありますが、、、

FADが石灰化に、

なったなら、

問題?ですか??

また、別問題なのかな?

なんか、

すっきりしない感じです

良性な石灰化

とのことでしたが、

石灰化って、

そもそもなんで

おこるんでしょうか?

食べ物とかでも、

おこりますか??

実は、

むくみの天然成分由来の

サプリをのんでまして、、、

それ、石灰化に

関係ありますか??

なんとかカルシウム

とかあったから、

石灰化は、

カルシウム??と、

気になりました

*********************


高橋です。

はっしーさま。

御相談を

ありがとうございます。

検診結果では

色々な言葉が飛び出し

心配になって

しまいますよね。

FADは、

局所的非対称性陰影、

すなわち

左右で乳腺の一部の映り方が

非対称な場合に、

使う言葉です。

わかりやすく言うと、

「しこりがあるのかも。」

という意味です。

この指摘を受けた方の、

10人に1人の割合で

乳がんが見つかる

可能性がございます。

精密検査としては

乳腺エコー、

いわゆる超音波検査を

行ないます。

そしてしこりがあれば、

しこりの一部を

吸い取ってくる針生検を

痛み止めをしっかり使って

行ないます。

乳腺エコーで

何も指摘がなければ

「問題なし」

とのことで

経過観察になります。

はっしーさまの様に

FADの指摘自体が

なくなることは

しばしばあります。

FADが石灰化に

変わる訳では

ありません。

FADと石灰化は

まったくの別物です。

乳腺におこる石灰化は

ほとんどが

がんと無関係の

石灰化です。

良性石灰化の

原因としては

乳腺症

乳腺線維腺腫

乳腺嚢胞

などです。

カテゴリー2の

石灰化は

誰が見ても

この良性の石灰化に

分類されると

いう意味です。

良性の石灰化以外に

乳がんが作り出す

石灰化が

疑われる場合には

カテゴリー3から

カテゴリー5までに

分類されます。

食べ物や日常生活は

石灰化に

つながりませんので

ご心配なさいませんように。

お話だけからは

1年後の乳がん検診の

継続で

良いのではないかと

考えます。

何か気になる点があれば

早めに

乳腺外来を受診

なさってくださいね。

いつも

応援しています(*^_^*)


メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

がんの知識と

日々を強く生きていくための

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan