くらさまから、

ご相談をいただきました。

***************************

7mmの非浸潤がんが

エコーとMRIで見つかりました。

今回、MRI上で

しこりから乳頭に向かって

白く映る物があるので、

乳管内進展か

もしくは乳管の外にがんがあるのでは?

との事でした。

乳管内進展ならまだ良いのですが、

乳管の外というと、

浸潤がんの可能性もあり心配しています。

今回のような場合、

乳管の外という可能性も

あるのでしょうか?

****************************


高橋です。

くらさま。

ご相談ありがとうございます。

画像を拝見しておりませんので

推測になってしまいますが

可能性についてお伝えいたします。

お話からは、

非浸潤がんが乳管内を

乳頭に向かって進んで行っている

と考えて対応した方が良いかと存じます。

完治が望める非浸潤がん、

そして

転移する能力を持つ浸潤がん。

どちらなのかを

不安に思うお気持ちは

当然です。

非浸潤がんと術前に診断されて、

手術してみたら浸潤がんであった

という確率は

約20%ございます。

ですから

最終的には

手術を終えてみないと

正確な診断はできないのです。

まずは乳腺内に

乳がん細胞が残らないような手術を

予定することが大切です。

そして、手術後の診断結果に

一喜一憂せずに、

得られた結果に対する

ベストな治療を再度考える、

という方向性で

お考えになってくださいね。

また御相談くださいね。

これからも応援しています(*^_^*)


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan