ちよさまからの、

ご相談をご紹介します。

***************************

ご相談させてください。

2年前の

マンモグラフィー検診で

異常はなかったのに

今回の検診で石灰化が

見つかりました。

検査をしたほういいとのことで

エコーと

穿刺吸引細胞診をしました。

1週間後に

結果を聞きに行きます。

医師に

「乳がんの可能性は高いですか?」

とお聞きすると、

「もし、がんでもかなり早期、

 でも、がんなら治療が必要。」

とのことでした。

実際にはいかがでしょうか?

まだまだ不安な日が続きそうです。

****************************


高橋です。

ちよさま。

ご相談ありがとうございます。

不安が続いてしまいますね。

乳がんかどうか、

検査直後は

誰にも答えが

分からないですものね。

乳がんの可能性は

ゼロではありませんが、

大丈夫なことを

ひとつひとつ確認することが

重要です。

ただし

細胞診では

確定的な診断が

つかないことが多くあります。

細胞診で

確定診断が難しい場合には

もう少し太い針で

針生検による組織診断を

おこなったほうが

良いかもしれませんね。

検査結果がでるまでは

不安になってしまうと思います。

でも

何かをすれば

良い結果に変わるということも

ありません。

上手に

気分転換できることをみつけて

不安な気持ちを

しまっておいてくださいね。

もし、乳がんだとしても

必ず最良の方法が

見つかりますからね。

応援しています(^^)/


在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan