カンさまから、

ご相談メールをいただきました。

***************************

しばらくブログから遠ざかっていましたが

今日子宮がん検診で子宮内膜増殖症かもと。

ホルモン療法の副作用でしょうか?

数年前に化学療法して手術を温存で終え、

放射線治療をして、ホルモン療法。

まだ2年残ってるので、

止めるわけにはいきません。

しばらくは病気を忘れる位だったのですが

寒いと循環が悪くなる為か首が痛くなります。

子宮内膜増殖症と言われ

落ち込み激しいです。(T_T)

****************************


高橋です。

メールをありがとうございます。

こんばんは。

ご相談どうもありがとうございます。

何か変化があると

不安になってしまいますよね。

ご指摘の通り

ホルモン治療としての

タモキシフェンは

子宮内膜増殖症や前癌病変の

出現する確率が

健常者の2から3倍になると

指摘されております。

そして、

子宮内膜増殖症の中でも

癌化しやすいものと

癌化しにくいものがあります。

まずは子宮内膜増殖について

婦人科の先生に精密検査をしていただいて

悪性になる可能性が

低ければホルモン治療の継続は

問題ないと考えます。

先生とご相談の上、

ホルモン治療継続について

お決めになってくださいね。

必ずしもホルモン治療を中止する必要は

ないと考えます。

子宮内膜がんの発生率と比べても

乳がんに対するホルモン治療による

再発予防効果は高く

ホルモン治療の恩恵の方が

高いと報告されていますからね。

定期的な子宮がん検診は継続なさってくださいね。

応援しています!!


メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan