いつもありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

「肩書き」

って、必要ですか?

先日、

緩和ケアチームの会議で

議論になったテーマです。

緩和ケアチームの回診の際、

患者様に

「私たちは緩和ケアチームです。」

とお伝えするかどうかの

議論です。

「まずは自分の肩書きを

 名乗るべきだ。」

と強くおっしゃるスタッフが

いました。

私は反対しました。

日本において

「緩和ケア」

という言葉が

誤解を受けている以上、

最初にお会いする時に

「緩和ケアチーム」

という言葉をお伝えすることは

不安を生み出すことしか

考えられないからです。

もちろん

普段から

私の発信する情報を

十分に

ご理解くださっている皆様には

「緩和ケア」

に関する誤解は

ないと思っています。

でも一般的にはまだ

「緩和ケア」

は、末期の治療という

認識しかありません。

ですから安易に

「緩和ケア」

という言葉を

不特定多数の患者様が

いらっしゃる場所では

使うべきではないと

考えているのです。

普段から私は

「高橋 保正」

として行動しています。

肩書きに

こだわったことは

ありません。

患者様と仲良しになって

それから

自分の得意な分野を

お伝えすることは

まったく問題ないと

私は考えています。

仲良しの友達が

偶然、お医者さん。

偶然、外科医。

偶然、緩和ケア医。

偶然、抗がん剤治療医。

偶然、往診医。

それでは

いけませんか(*^_^*)

メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan