いつもありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

ぽんすけさま。

メッセージを

どうもありがとうございます。

高橋先生、こんばんわ。

ご無沙汰しています。

とは言いつつ、

毎日、先生のブログと

そしてメルマガで

すごく近くにいて下さる気持ちです。

朝起きて、

出勤時に先生のメルマガに

『おはようございます!』

夜独りで部屋にいて、

先生のブログに

『こんばんわ!』

と挨拶をします(#^_^#)

今日のブログの緩和ケアの事。

確かに自分が患者や

その家族の立場だったら…

本当なら『緩和ケア』というものが

日本できちんと理解をされていれば

一番良いと思うのですが、

今の実状では

やはり『緩和ケア』と聞くと

患者もその家族もドキッとする…

それは、否めないと思います。

本当は違うのに、

やはりまだ世間一般では

『緩和ケア』と言われたら…

母の時

『入院中に緩和ケアの方々に

 お会いしたかった』

と思いましたが、今改めて思うと…

その時にそう言われたら、

あそこまで頑張れたか正直疑問です。

あの時『緩和ケア』と言われていたら

望みを持って過ごせたかなぁ…

と正直『?』マークが

浮かばなくもないです。

でも、その後、

高橋先生のブログやメルマガ

病院の社会福祉士さんとの

お話を通して

緩和ケアの本当の意味、意義を

知ることができました。

1人でも多くの方に

本当の緩和ケアを

知っていただきたい。

そして大切な時間を

過ごしていただきたい。

先生、これからも

頑張って下さい。

でもお身体は

本当に大切になさって下さいね。

いつもありがとうございます。


ぽんすけさま

どうもありがとうございます。

「緩和ケアチーム」

と名乗ること。

そのためには

きちんとした情報を

まず患者様やご家族様に

お伝えすることが

先決であるということを

私は感じています。

肩書きを名乗る目的は

ひとに安心感や信頼を

持っていただくことが

一番です。

肩書きを名乗ることで

落胆や失望を与えてしまっては

何の意味もないのです。

ですから

ぽんすけさまの

おっしゃる通り。

その時々の

患者様、ご家族様のお気持ちや

状況を適切に判断して

お伝えするべき情報と

お伝えするべきでない情報を

整理する必要が

あるのです。

昨日のブログは

賛否両論だと思います。

少し

波風を立てることで

「緩和ケア」

に対する理解を深めたり

多くの方に

考える機会を

プレゼントすると

考えています。

ぽんすけさま。

あたたかいお言葉に

感謝申し上げます。

これからも

よろしくお願いいたします。

いつも

応援しています(*^_^*)

昨日のブログは

こちら

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372949

メルマガでは

私、高橋保正からの

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan