ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

スタッフに

こんなことを言われました。

「先生方は

 いろんな声を

 聞き分けることが

 できるんですね。」

いろんな声とは、

外来をやっていても

後ろの方で

電話対応をしている

スタッフの声や

隣のブースの

先生と患者様のやり取りなど。

私たちは

色々な声を

聞き分けて

同時に様々な対応を

考えていきます。

目の前の患者様の

お話を一生懸命に

伺いながらも

周りの雰囲気を

感じ取っています。

スタッフとお話をしていて

このように

いくつもの声を

聞き分ける先生には

一つの特徴があることに

気づきました。

それは

多くが外科医であると

いうことです。

私なりに

理由が思い当たりました。

手術中に

外科医が注意を

払っているのは

目の前に見える

患者様の身体の中だけでは

ありません。

テレビモニターから

聞こえてくる

患者様の心電図の音や

体内の酸素濃度のアラーム、

血圧計の数値異常を示す音など。

それから

麻酔科の先生の様子。

そういった情報から

患者様の体調に

問題がないことを

感じ取ります。

また、

手術室の中の

看護師さんたちに

慌てた様子がないか。

総合的に

様々な音や雰囲気から

安全性の判断をします。

そんなわけで、

きっと

多くの外科医が

様々な音を

聞き分けることが

出来るのですね。

どんなことも

分析してみると

面白いですよね。

メルマガのお申し込みは

こちらをクリック↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan