いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

術前化学療法後,病理組織学的に治療効果を判定することは勧められるか
その 2

組織学的治療効果の判定方法は多数報告されている。すべての方法に病理学的完全奏効(pCR)と無効のカテゴリーがあり,その間が1~4段階に分類されている。pCR症例はnon-pCR症例に比較して,全生存率,無再発生存率ともに有意に良好である。さらに現在,予後と相関するnon-pCR症例の層別化が注目され,複数の研究結果が報告されている。術後リンパ節転移状況については,術前化学療法施行症例においても手術先行症例と同様に,転移陰性例が陽性例に比較して有意に予後良好である。化学療法後のリンパ節転移陰性には,もともと転移のなかった症例と転移巣が化学療法により消失した症例が含まれる。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

今度おじいさまが

施設に入所することに

なりました。

いつも往診に伺っている

80代のおじいさま。

お家に行くと、

毎回ベッドから起き上がって

部屋中を歩き回り

「お茶でも飲んでいってください。」

って、

笑顔で一生懸命

お茶の場所を探すけど

見つけられない

可愛いおじいさま。

今日は施設に入所する前の

最後の往診でした。

ご家族に愛され、

ステキな娘様たちに

いつも囲まれて

幸せなお顔に会うのが

私には

とっても嬉しい時間でした。

私は往診も大好きです。

入院中は

元気のなかった患者様も

お家では素晴らしい笑顔で

とっても元気なんです。

おじいさまのお家の

最後の往診。

一時は命の危険にあった

おじいさま。

少しずつ病状が

落ち着いてきたので

施設での受け入れが

可能になったのです。

お家を出てくるとき、

ふと、おじいさまをみると

ベッドで幸せそうに

すやすや眠っていました。

「また会いたいね。」

そっと言い残しながら

お家を出てきました。

往診からの卒業は

患者様が

元気になった証拠です。

とっても嬉しいはずなのに、

何だか今日は

胸がきゅんってなりました。

今頃きっとおじいさまは

ステキな夢をご覧になっている

ことでしょう。

メルマガで

あなたも御一緒に

しあわせを味わってみませんか?

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 賞賛と非難

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372548

☆ 人生における罠

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372547

☆ 素敵なダンサー

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372546

☆ 流されない人生

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372545

☆ 燃料補給する?

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372544

☆ 逃げてもいいんです。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372543

☆ あなたの生きる道

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372542


乳がん無料小冊子プレゼント