いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

HER2検査として免疫組織化学的方法は勧められるか
その 2

HER2のIHC法での判定は浸潤癌成分についてのみ行う。細胞膜の染色強度と陽性率をもとに0, 1+, 2+, 3+の4段階に分け,0/1+を陰性,2+をequivocal,3+を陽性と判定する。従来は10%を判定の基準としていたが,2007年のASCO/CAPガイドラインでは,3+の判定を,強度の染色像が30%を超える場合とした3)。わが国ではトラスツズマブ病理部会によってHER2検査のガイドラインが示されており,2009年にASCO/CAPガイドラインに準拠した改訂が実施されている。IHC法3+群(陽性判定)および0/1+群(陰性判定)はFISH法の結果ともよく一致し,観察者間の再現性も高いことが報告されている。一方,IHC法2+群のうちFISH法でHER2遺伝子増幅を認める症例の頻度は17~81%と報告によりさまざまで,IHC法2+でも遺伝子増幅がない症例にはトラスツズマブの効果は低く,IHC法2+群での奏効率はIHC法3+群よりも低い。したがって,IHC法2+については,FISH法によってHER2遺伝子増幅の有無を追加検索すべきである。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変


今週の日曜日。

【5月19日 18時】

私の「プレミアムメルマガ」において

大切なことをお伝えします。

すぐに

あなたのスケジュール表に

あるいは

カレンダーに

【5月19日 18時 高橋に注目!】

と書き込んでおいてくださいね。

出来れば

大きな文字で

花丸や星印で

目立つように、

忘れないように

書き込んでおいてくださいね。

今回の発表は

公開してしまうと

あまりにも不公平な

内容なので、

多くの皆様から

ブーイングを受けることに

なるでしょう。

でも

プレミアムメルマガに

ご登録の

あなたにとっては

とても嬉しいお話に

なることでしょう。


「ひとは皆、平等です。」

あなたは心からそう思いますか?

もちろん、

平等であれば喧嘩は

なくなるかもしれません。

でも実際には

悲しいけれど

ひとは平等では

ありません。

過去にも、

アインシュタインは

「ひとは皆平等ではない。」

と断言しています。

ひとそれぞれに

道があり、

どの道を歩くかで

優劣が生まれる、

のだそうです。


今回、私からの発表は

特別なあなただけに

お知らせすることに

いたしました。

選ばれたあなたにだけ

チャンスは訪れます。

一生懸命

私と対話してくださっている

あなただけに

メッセージが届きます。

詳しいお話は

まずは

メルマガにご登録くださいね。

→ 急がなきゃ!

メルマガにご登録くださった

あなたには、

「プレミアムメルマガ」の

お申し込み方法を

お伝えいたします。

もうご登録くださっている

あなたは大丈夫です。

そのまま

お待ちくださいね。


チャンスはみんなに

平等にやってきます。

それをつかめるかどうかで

人生の格差は

生まれてくるのです。

あなたは是非

勝ち組になって

くださいね。

→ → 勝ち組への道!


今日は

いつもと少しだけ

違う雰囲気で

お届けしましたよ。


,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 退屈な人生の楽しみ方

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372555

☆ 忘れてた!!

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372554

☆ 10年後の君へ

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372553

☆ カウントダウン

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372552

☆ 困った頑固者

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372551

☆ 風が変わる瞬間

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372550

☆ 必ず良くなるよ。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372549


乳がん無料小冊子プレゼント