アロマターゼ阻害薬にも

いくつか

種類がございます。

何を基準に

選べば良いのか。

その効果と

副作用について

まとめてみます。

閉経後ホルモン受容体陽性

乳癌を対象として

エキセメスタン

アナストロゾール

を比較したMA27では

EFS(無イベント生存率)

に有意差は認められず

OS(全生存率)も

同等であった。

有害事象による

内服中止はそれぞれ

33.8%と29.4%

に認められた。

エキセメスタン群で

ビリルビン高値、ざそう、

男性化、心房細動が多かった。

アナストロゾール群で

不正出血、高脂血症などが

多く認められた。

新たに

骨粗鬆症と

診断された頻度は

それぞれ

31%と35%であったが

骨折率は4%で

有意差はなかった。

また

アナストロゾールと

レトロゾールを

比較したFACEも

進行中である。


まだまだ

これから判明することも

たくさんあると思います。

効果はほぼ同等。

副作用については

個人差がありますので

むやみに

おそれる必要は

ありません。

主治医の先生と相談し

お薬の本も

先生と一緒にみながら

診察を受けるのも

ひとつの方法です。

また明日も

あなたへ

少しでも

お役に立てる情報を

お届けしますね。

ホルモン治療に関する記事は

こちらです。

「タモキシフェン5年か10年か」

→ http://blog.smile-again.net/336

「なぜ卵巣の働きを抑えるの?」

→ http://blog.smile-again.net/337

「ホルモン治療の内服と注射について」

→ http://blog.smile-again.net/340

「抗がん剤で閉経」

→ http://blog.smile-again.net/342

「閉経前か閉経後か」

→ http://blog.smile-again.net/345

「タモキシフェンからアロマターゼ阻害薬へ」

→ http://blog.smile-again.net/346

「閉経の判断基準」

→ http://blog.smile-again.net/348

「閉経前乳癌へのアロマターゼ阻害薬」

→ http://blog.smile-again.net/351

「閉経期におけるアロマターゼ阻害薬」

→ http://blog.smile-again.net/352

「慌てないでアロマターゼ阻害薬」

→ http://blog.smile-again.net/353

「アロマターゼ阻害薬とタモキシフェン」

→ http://blog.smile-again.net/356

「アロマターゼ阻害薬へスイッチ」

→ http://blog.smile-again.net/357

「5年後のホルモン治療」

→ http://blog.smile-again.net/358

「閉経後ホルモン治療5年後の選択肢」

→ http://blog.smile-again.net/359

「アロマターゼ阻害薬、5年か10年か」

→ http://blog.smile-again.net/360

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan